【むくみ大事典】-むくみとは?-



sponsored link


当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。












sponsored link


むくみとは?


むくみとは、簡単に体内の水分のバランスが狂って制御が効かなくなり、末端部分が腫れてしまうことを言います。水分を取りすぎた時とその逆の塩分を取りすぎた時に引き起こすことがあるとされています。さらに長い時間同じ体勢を続けていると起こることもあります。
一時的に起きる一過性と呼ばれるものと、病気が要因になった慢性的なものとがあります。基本的には痛みは伴わずしばらくすると治まりますが、稀にひどく腫れあがり痛みと共に痺れてしまうこともあります。

水分を取りすぎると、体内は余分な水分が溜まった状態になります。塩分が多い場合でも、水中の塩分濃度を下げるために水分を溜め込もうとして、結果水分が溜まります。溜まった水分は時間と共に処理していくも、その間は腫れぼったいむくんだ状態になります。

また、人の体の約70%が水分で構成されているというのは一度は耳にしたことがあると思います。血液成分が主と思われがちですが、実は水分の中でも血液はそのうちの約10%ほどしかなく、全体で言うと体重の約7%にしか満たないのです。
そして水分の中でも約25%を占めている、細胞間質液という細胞同士の間にある水分が過剰に増えると、リンパ管内で通常通り分解されない為に、余分な水分が溜まってむくみを引き起こしてしまうのです。これが同じ姿勢を続けた時に起こるむくみです。


⇒むくみの原因
⇒むくみ事典へ戻る

sponsored link



copyright©2009  【むくみ大事典】-浮腫の原因と解消法-  All Rights Reserved