【むくみ大事典】-妊娠中毒症-



sponsored link


当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link


妊娠中毒症


妊娠中毒症。現在では妊娠高血圧症候群と改名されていて、このことはあまり知られていませんが、中毒性のある毒素が存在しないことで改名がされたようです。

この妊娠高血圧症候群は非常に危険で、お腹の中の赤ちゃんに十分な栄養を送ることが出来なくなってしまう症状があり、発育が遅くなったり最悪お腹の中で死んでしまうこともあるほど赤ちゃんにとっては危険な病気です。
そんな妊娠高血圧症候群はむくみと関連が深く、初期症状のひとつに挙げられます。妊娠中は赤ちゃんに栄養として血液だけでなく水分も多量に必要とし、他にもホルモンバランスが崩れたり安静にしすぎて長時間同じ体勢で居たりといった、むくみの要因が多く存在している為、必然的に妊娠中は非常にむくみがおきやすい状態となります。したがって、妊娠中は特にむくみには気を配って対処していかなければなりません。
むくみがひどくなってきた、体重が一気に増えたなど、少しでもおかしいなと思うことがあればすぐに病院に受診された方がいいでしょう。


⇒腎臓病
⇒むくみと関連の深い病気へ戻る

sponsored link



copyright©2009  【むくみ大事典】-浮腫の原因と解消法-  All Rights Reserved