【むくみ大事典】-顔のむくみ-



sponsored link


当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。










sponsored link


顔のむくみ


顔がむくむ原因はずばり重力です。むくみとは水分異常で起こるものですから、人が横に寝転んだり逆立ちしたりすると、頭は心臓や足よりも下の位置もしくは並行する位置まで来てしまいます。すると頭には重力の影響を受けて、立っている時よりも段違いの大量の水分が回ってくることになります。就寝するときに枕を使って頭の位置を少し高くしていなかったり、うつ伏せの格好をしていたりすると特に顔がむくみやすい状況となります。
顔のむくみを予防するには、枕を使って頭を体より高い位置に置くようにし、寝る前には水分を取り過ぎないよう気を付けてください。

顔の中でも特にまぶたがむくみやすいのはなぜでしょうか。答えは簡単。まぶたは皮膚が薄っぺらで伸びやすく、たるんでいる為に水分を溜めやすい場所なのです。その次は頬の部分が多いです。頬は脂肪分が溜まりやすく、太る時はまず頬が膨らんでくることが多いです。

まぶたのマッサージは、まぶたを指でつまんで上下左右にクルクルと回したりして伸ばしながらほぐします。そして眉毛のラインに沿ってこめかみまで人差し指の腹で押します。これを続けると、まぶたのむくみを解消しながら目元のシワやたるみ対策にもなります。
頬のマッサージは、揉むというより押し当てるという表現が正しく、指の第二関節の外側を尖らせて、力は強めで少し痛いくらいでかまいませんので、グリグリと弧を描くように頬骨の下部分を押すと効果的です。


⇒手・足のむくみ
⇒むくみの種類へ戻る

sponsored link



copyright©2009  【むくみ大事典】-浮腫の原因と解消法-  All Rights Reserved