【むくみ大事典】-腎臓病-



sponsored link


当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。










sponsored link


腎臓病


腎臓は体中の水分を調整する役割をしていることから、尿として体に不要なものを排泄する機能を持っています。腎臓が悪くなると水分の調整が上手くいかなくなり、むくみが起きます。

腎臓病の中で広く知られているのは腎不全です。他にも腎炎や糖尿病性腎症、ネフローゼ症候群といった種類の病気があります。
この中でもネフローゼ症候群と呼ばれる低タンパク血症は、体中のタンパク質が作るよりも出してしまう量が多い為に起こる症状で、これは腎臓が炎症を起こしたりすることで機能が低下して、尿と共にタンパク質が多量に体外へ流れ出てしまうことにより、体内に残ったタンパク質の量が激減してしまった状態を指します。
こうなると血液の成分の半分以上を占める血漿の浸透圧が下がってしまい、むくみが起こるというわけである。この症状では全身にむくみが見られ、腹部や胸部に水分が溜まる場合もあります。腎臓病の中でも、特にむくみが顕著に現れる病気であると言えます。

むくみには単なる自然現象だけでなく、こうした重い病気の予兆としても現れるため、軽く見ていると大きな事故に繋がります。


⇒むくみの種類
⇒むくみと関連の深い病気へ戻る

sponsored link



copyright©2009  【むくみ大事典】-浮腫の原因と解消法-  All Rights Reserved